sxlHP4-4_01.png

光建工業ロゴ2.png

image.gif

menu-home2.pngmenu-home2.pngmenu-rinen2.pngmenu-rinen2.pngmenu-gaiyo2.pngmenu-gaiyo2.pngmenu-jisseki2.pngmenu-jisseki2.pngmenu-eisei2.pngmenu-eisei2.pngmenu-kyujin2.pngmenu-kyujin2.pngmenu-toiawase2.pngmenu-toiawase2.png

経 営 理 念

daihyo.jpg“信頼”という名の実績づくり
私どもは、そこに住む人びとの視点で「まちづくり」を発想します。
建築物は、人が生活を営む上でのインフラストラクチャーとして、居住や利用の仕方を、将来にわたって規定することになります。その場所には、その建築物が唯一であり、いったん建ってしまうと、かなりの歳月、存在し続けます。不都合があったとしても、簡単に建て替えることはできません。その意味で、建築会社の役割と責任は、一私企業としての営利を超えた、きわめて公共性の高いものだといえます。
創業以来、私ども『光建工業』は、住宅であれ、公共的な施設であれ、手がける建築物のすべてに対して「真面目に、妥協せず、より確かなものを創る」ことを心がけてきました。もちろん、理想と現実の間には、しばしばギャップが生じます。きわめて厳しい条件下での施工もありました。しかし「条件に合わせる」ためだけの方法を安易に選ぶことは、決してしませんでした。つねに「その条件のなかで、より確かなものを創る」ための方法を模索してまいりました。もちろん、現実問題として限界はあります。新しい技術の導入や、資材調達面の工夫などによって、限界を突破することに挑戦し続けてまいりました。建築会社にとっては、手がけた建築物が、お客様に喜ばれ、かつ信頼を得られてこそ、はじめて施工実績といえます。
私どもが、この地で、半世紀にわたって社業を営んでくることができましたのも、ひとえに、地域の人びとからいただいたこの“信頼”という実績のおかげだと常々感じております。
建築の仕事というのは、さまざまな業種の協力を得られることによって成り立っています。『光建工業』が手がける仕事は、その人材と技術において業界のトップ・クラスにあると自負していますが、それも、すぐれた協力会社を擁していればこそと思います。
「IT」「高齢化」「環境問題」…。私たちの生活と社会が直面している課題は、そのまま建築が取り組むべきテーマです。『光建工業』は、協力会社ともども、これからも地域の人びとの視点で発想し、地域の人びとのニーズにお応えすることによって、この地の「まちづくり」に貢献していきたいと存じます。

                                         代表取締役社長
                                         image21.png

image12.png

facebook3.gif



名称未設定.jpg

ココラジバナー.gif

image13.png

image14.png

ap_banner.png